練馬区 任意整理 法律事務所

借金返済に関する相談を練馬区在住の方がするならどこがいい?

借金の督促

練馬区で多重債務や借金の悩みを相談するならどこがいいのか、決めかねていませんか?
どうせ相談するなら、優秀な弁護士・司法書士のいる法律事務所や法務事務所を選びたいですよね。
当サイトでは、インターネットで無料相談ができる、オススメの法律事務所・法務事務所を紹介しています。
練馬区の人もOKですし、相談は無料なので安心できます。
直接相談をいきなりするのは少し気後れする、と思っている方にもお勧めです。
借金返済・多重債務の問題で困っているなら、まず弁護士・司法書士に相談して、解決策を探してみませんか?

練馬区在住の人が借金・任意整理の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

練馬区の借金返済や債務解決の相談なら、コチラの事務所がお勧め。
弁護士が対応してくれて、全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が0円だから、手持ちがなくても安心して相談できます。
費用の支払いは、分割払いもOKです。
弁護士への相談料ももちろん0円!
借金の督促をSTOPすることも可能。
自己破産、過払い金、個人再生、任意整理、など、債務や借金について無料で相談できます。。
しかも、365日24時間、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(電話代金無料)で相談受付することができるので、お金に悩んでいる人も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国に対応している、過払いや借金の問題が相談できる法務事務所。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、自分にピッタリのやり方で、どうにもならない借金問題を解決していきます。
それと、過払い請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から料金を精算できます。
任意整理についても、減額報酬・和解成功報酬などを一切支払わなくてよいため、安く解決することができます。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口も用意されているので、女性の方も安心です。
まずは気軽に無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

練馬区在住の人が借金・債務整理の相談をするなら、これもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という、ネットを使った借金の診断ツール。
簡単な質問に答えるだけで、どうすれば借金が減るかという方法や、毎月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、少し怖い。
そんな方にもピッタリです。
しかも無料&匿名で利用できます☆
全国対応しているサービスなので、練馬区の方も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • 借金減額のための方法が分かる!
  • 月々の返済額がいくらになるのかが分かる!
  • 匿名&無料で使える!
  • 全国対応!
債務・借金の悩み、無料&匿名で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の診断と相談を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



他の練馬区近くにある司法書士・弁護士の事務所の紹介

他にも練馬区にはいくつかの法務事務所・法律事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●佐々木大助司法書士事務所
東京都練馬区春日町6丁目4-30
03-3999-6594

●きのした法律事務所
東京都練馬区2丁目29-13森ビル2階
03-5921-2766
http://kinoshita-law.net

●岩崎行雄司法書士事務所
東京都練馬区石神井町2丁目14-31
03-3995-9811
http://shiho-iwasaki.in.coocan.jp

●高田司法書士事務所
東京都練馬区東大泉5丁目41-29
03-5935-9317
http://oz-web.biz

●相澤法律事務所
東京都練馬区石神井町4-6-3ダイナシティ石神井公園2階
03-3995-1055
http://aizawa-law.jp

●関口司法書士事務所
東京都練馬区氷川台3丁目39-3ルミエール氷川台209
03-5946-4611
http://homepage2.nifty.com

●ねりま光法律事務所
東京都練馬区豊玉北6丁目4-6NEWVALLEY2F
03-6794-4171
http://nerima-hikari.jp

●明星司法書士事務所
東京都練馬区大泉学園町2丁目20-6
03-5935-8805
http://shihou-akeboshi.com

●鈴木司法書士事務所
東京都練馬区桜台1丁目8-3
03-3948-6102

●さくらリーガル(司法書士法人)
東京都練馬区春日町5丁目33-29かすがコーポラス1F
03-3970-7500
http://sakura-legal.or.jp

●北西法律事務所
東京都練馬区練馬1丁目2-8若葉ビル7階
03-5946-9271
http://kitanishi-law.jp

●飯塚覚司法書士事務所
東京都練馬区春日町5丁目35-33
03-3990-9325

●佐藤卓哉司法書士事務所
東京都練馬区東大泉1丁目34-8本橋ビル202号
03-5935-9851
http://sato-shiho.or.tv

●平松司法書士事務所
東京都練馬区春日町6丁目2-3西武ルミエール春日台1F
03-3970-7741
http://office-hiramatsu.com

地元練馬区の弁護士・司法書士の事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ただ、「診断シミュレーター」やネットからの無料相談などの方が、気軽に相談できるのではないでしょうか。

借金返済、練馬区に住んでいてどうしてこうなった

クレジットカードの分割払いや消費者金融等は、とても高い金利が付きます。
15%〜20%もの利子を払うことになります。
住宅ローンの利子は0.6%〜4%(年)ほど、マイカーローンの金利も年間1.2%〜5%ぐらいですから、その差は火を見るより明らかです。
しかも、「出資法」をもとに金利を設定している金融業者の場合、金利が0.29などの高利な金利を取っていることもあります。
高い利子を払い、しかも借金は膨らむ一方。
お金を借りたのは自己責任なので仕方ないですが、利子が高くて額も多いとなると、完済するのは大変なものでしょう。
どうやって返済すればいいか、もうなにも思い付かないのなら、法律事務所や法務事務所に相談してはどうでしょう。
弁護士や司法書士なら、借金を返す解決策をきっと捻り出してくれるはずです。
長期計画での返済かもしれませんし、過払い金を請求して返さなければいけない金額が減るかもしれません。
まず相談する、これが解決するための始めの一歩です。

練馬区/債務整理のデメリットにはどのようなものがある?|任意整理

債務整理にも多くの手段があって、任意でやみ金業者と話し合う任意整理と、裁判所を通じた法的整理である自己破産又は個人再生などの種類が在ります。
では、これらの手続について債務整理のデメリットというものがあるでしょうか。
この三つの手法に共通していえる債務整理のデメリットと言えば、信用情報にそれら手続きをやった旨が載ってしまうということです。俗に言うブラック・リストというふうな情況になるのです。
すると、概ね五年から七年ほどの間は、ローンカードが創れなかったり借金ができなくなるのです。しかし、あなたは返すのに苦しみぬいてこれ等の手続を実施する訳ですので、もう暫くは借り入れしない方が良いのじゃないでしょうか。
クレジットカードに依存している人は、むしろ借り入れができなくなる事で出来なくなる事によって助かるのじゃないかと思います。
次に自己破産もしくは個人再生の債務整理のデメリットですが、官報にこれ等の手続きを行った旨が載る事が上げられるでしょう。しかし、あなたは官報などご覧になった事が有りますか。逆に、「官報ってどんな物?」といった方のほうが多数ではないでしょうか。
実は、官報は国が作成する新聞みたいな物ですけれど、金融業者等の特定の方しか目にしてません。ですので、「破産の実態が御近所の人々に広まる」等といった心配事はまず絶対にないでしょう。
最終的に、破産特有の債務整理の不利な点ですが、1遍破産すると七年という長い間、二度と破産できません。そこは注意して、2度と破産しなくても大丈夫な様にしましょう。

練馬区|自己破産にあるリスクってどんなもの?/任意整理

はっきし言えば世の中で言われているほど自己破産のリスクは少ないです。マイホーム・土地・高価な車など高値な物は処分されますが、生活のために必ず要る物は処分されないのです。
また二〇万円以下の預金は持っていて問題ないのです。それと当面の数か月分の生活費用が100万未満なら取り上げられることはないでしょう。
官報に破産者のリストとして記載されるのですがこれもごく一部の方しか見ないのです。
又世にいうブラック・リストに記載されしまい7年間程度の間はキャッシング・ローンが使用出来ない状態になるでしょうが、これは仕方がない事です。
あと定められた職種に就けないという事もあるのです。けれどもこれも極特定の限られた範囲の職種です。
ですから債務超過で返済する事の不可能な借金を抱えているのならば自己破産を実施するというのも一つの手なのです。自己破産を進めたならば今までの借金がなくなり、新しく人生をスタートできるという事で良い点の方が多いと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限とし弁護士・税理士・公認会計士・司法書士等の資格は取り上げられます。私法上の資格制限として遺言執行者、保証人、後見人にもなれないです。また会社の取締役などにもなれません。けれどこれらのリスクはほぼ関係がない場合が多いのじゃないでしょうか。リスクはあんまり大きな物では無い筈です。

関連するページ